投資

FX / 株 / バイナリーオプション

 

『投資』という言葉を聞いてあなたは、どう思うだろうか??

 

お金を持っている人がすれことだとか、、、

自分には関係ないことだとか、、、

思ってはいないだろうか???

 

日本人は残念ながら、【投資】というものを小さい時から学んでこなかったので身近に感じてはいないかもしれませんがライフステージが上がるにつれて、結婚、子育て、家、教育、老後など費用が増えるので収入を増やすことが急務となり、突然、考え始めるので多くの方が保険なども付き合いで登録をされてしまうのだと思います。

 

そこで、再度、ライフプランを考えておきましょう。

これは、いわば将来に向けた人生の設計図のことです。人生の中では、就職や結婚、子どもの教育、住宅購入など、さまざまなイベントが発生し、そのときどきでお金がかかるものです。
そこで、こうした人生における各種イベントを想定して、どのくらいのお金がかかるかを考えて準備したり、あるいは病気や災害といった想定外の事態に備えたりしておく必要があります。

 

老後の生活や相続について、具体的に考えておくことも、こうしたライフプランの一部と言えるでしょう。これらの人生で起こりうるイベントについて具体的に考えずにいれば、いざイベントが発生したときに困ったり、場合によっては、イベントそのものの実現性が低くなってしまうかもしれません。

 


≪貯蓄と投資≫
将来に向けてお金を準備するにあたって「資産形成」を行っていくことになりますが、

「資産形成」には、「貯蓄」と「投資」の2つの方法があります。

 

一般的には、「貯蓄」とはお金を蓄えることで、銀行の預金などがこれに当たりますが

円の価値が下がっているいる今は円で保有しているだけで損をしていいます。

 

一方、

「投資」とは利益を見込んでお金を出すことで株式の購入やFX、バイオプのトレードなどのがこの「投資」に当たります。


投資には、中長期的に行っていくことで、投資資金を運用して得られた利益が

更に運用されて増えていく「複利」の効果があります。

 

「投資期間」と「複利」の効果には関係があり、投資期間が長いほど、複利効果も大きくなる傾向があります。また投資期間が長いことで、投資による価格変動リスクが小さくなり、安定した収益が期待できます。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です