◉知らないと損をする税金講座≪個人と法人の違い≫

◉知らないと損をする税金講座

 

Financial Labo  のシンです。

 

暗号通貨だけでなく

お金に関する知識をつけてもらうために

税金に関するお話もここで

配信をさせて頂きます。

 

 

お金の勉強をしたことがない

日本人は色んな意味で怖さ知らずです。。。

 

僕は、理系の大学に行きながら

お金の勉強をしたくて

水道橋の大原簿記専門学校で

簿記の勉強をしていました。

 

JOKERメンバーの中には

大学生も多いと思いますが

教養科目で簿記がある方は

履修しておくことは

人生においてはプラスだと思います。

 

法学部や商学部の方は

商法や会社法について

知っておくとよいと思います。

 

なぜならば、

あなたはビジネスを

しているからです!!

 

ビジネスの世界では

学校のように先生が見守って

くれることもなく

 

お母さんが

あなたの代わりに

誤ってくれるわけでもない

 

あなたを唯一、守ってくれるのは

法律だけです!!

 

ゆえに

知っている人のみが得をして

知らない人が損をする

ようになっています。

 

是非、あなたは

損をしないように

してくださいね。

 

今回は

個人事業主と法人について

お話をしていきます。

 

お勤めをしながら、

副業でビジネスをしたり

 

大学生でビジネスをしている方は

『個人事業主』にあたります。

 

そして

『会社を持っている』『法人』
というのは

 

株式会社として法人格を

持っている方のことになります!!

 

 

ちなみに

税金は人からしか

お金を取れない決まりなので

株式会社というモノを法人として

人扱いすること

税金を取れるようにしています。

 

 

よく、個人と法人は

どのタイミングで変えればいいのですか?と

聞かれますが

 

年間の利益で1,200-2,000万円はあり

それが来年も同程度の収益が見込めるのであれば

法人にするメリットが大きくなります。

 

 

大きな違いとして『税率』に関係します。

 

『個人事業主』は-累進課税制度-

5~45%の税率

1年間(1/1-12/31)の利益に対して

発生します。

控除額

累進課税制度1

それに対して、

『法人』は約20%くらいになります。

 

ゆえに、2,000万くらいの利益が

出ている方は、法人にした方が

支払う税金が減ります。

 

今のビジネスで、どれくらい

利益がでているかを

チェックしてみてください。

 

“◉知らないと損をする税金講座≪個人と法人の違い≫”へのコメント1つ

  1. […] ◉知らないと損をする税金講座≪個人と法人の違い≫ […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です